特定障がい者(児)相談支援事業
   一般相談支援事業


トップ 熊本市障がい者相談支援センターアシスト
地域生活支援センターアシスト 特定障がい者(児)相談支援事業
一般相談支援事業
個人情報保護


◆計画相談支援・障がい児相談支援

・障がい福祉サービス等を利用申請した障がいのある方(児)に対し、サービス等利用計画についての相談および作成などの支援をおこないます。障がい者(児)の自立した生活を支え、障がい者(児)のかかえる課題の解決や適切なサービス利用に向けて、ケアマネジメントによりきめ細かく支援するものです。

 〔障がい福祉サービス利用の流れ〕

@ 相談 

 困っていることや福祉サービス等の利用をしたい時は、区役所の福祉課または相談支援事業所に相談

A 申請

 利用したい福祉サービス等が決まったら、区役所に申請します

B 相談支援事業所の決定

 サービス等利用計画案」を作成する相談支援事業所を決め依頼し契約します 

C 調査

 区役所の調査員がご本人の身体や生活のことについてお聞きします

D 審査判定

 調査の結果をもとに、区役所の審査会で、どのくらいのサービスが必要か(障害支援区分)が決まります

E 計画案の提出

 相談支援事業所が利用者の意向等をもとにサービス等利用計画案を作成し区役所へ提出します

F 支給決定

 区役所より「サービス受給者証」が届きます。サービス等利用計画案や調査の結果をもとにサービスの内容や量、期間が決まります

 G サービス担当者会議

 相談支援専門員が、利用者、ご家族、サービス事業者と一緒にサービスについて話し合い「サービス等利用計画を作成します

H 利用開始

 サービスを利用する事業者を契約をし、サービスの利用が開始になります


【対象の方】


☆障がい者総合支援法の計画相談支援の対象者

 ・障害福祉サービスを申請した障がい者又は障がい児の方
 ・介護保険制度のサービスを利用する場合については、障害福祉サービス固有の行動援護、同行援護、自  立訓練、就労移行支援、就労継続支援等の利用申請をされた障がい者

☆児童福祉法の障がい児相談支援の対象者

 ・障がい児通所支援を申請した障がい児の方



◆一般相談相談支援事業


☆地域移行支援事業

  入所施設に入所している障がい者、又は精神科病院に入院している精神障がいがある方で、住居の確保その他の地域における生活に移行するための活動に関する相談、地域移行のための障がい福祉サービス事業所等への同行支援などを行います。


☆ 【対象の方】


☆ 障がい者支援施設に入所している障がい者
  精神科病院に入院している精神障がいのある方(1年以上の入院者を原則に市町村が必要とみとめた方)



 当事業所は強度行動障害支援者養成講座を受けたスタッフを配置しています。